Tableau:今すぐ使える『パラメーター』機能の3つの便利な使い方 | VizHacker

Tableau:今すぐ使える『パラメーター』機能の3つの便利な使い方

今回はTableauの1つの機能『パラメーター』について、3つの便利な活用方法をご紹介します。

1、指標を選択できるようにする

ダッシュボードにあまりシートを詰めすぎると、見づらくなってしまいます。

そこで有効なのが、パラメーターで1つのシート内で指標を選択できるようにすることです。

↓こんな感じ

やり方は簡単です。

まず、パラメーターを作成しましょう。

データ型を「整数」、「リスト」にし、対象の指標を入力していきます。

ちなみに、データ型を以下のように「文字列」として同じ様にしてもOKです。

ですが、文字列と整数では文字列の方がクエリの負担が重くなるので、整数にしとくのがベターです。今回のは殆ど差は無いですが・・・

次に計算フィールドを作成します。

パラメーターだけでは、まだデータと紐付いていないので紐づけるのが計算フィールドの役割です。

以下のように、パラメーターで作った整数値に対して指標を紐づけていきましょう。

「1個の依存関係」というのは最初に作った、パラメーターのことですね。

後は作成した計算フィールドをシートに配置して完成です。

自由記述式のフィルターを作る

2つ目は、パラメーターで自由に範囲選択できるフィルターを作る方法です。

例えば、普通に日付をフィルターで絞る際、UIとしてはちょっとカッコ悪いです。

フィルターとして1つオブジェクトになってしまっているので、入力欄を離すことはできません。

そこでパラメーターの出番です。

今回は範囲選択なので、「最大値」と「最小値」の2つのパラメーターを作ります。

次に、以下のような計算フィールド作成します。・・・(*)

これが意味するのは、

[パラメーター(最低)]<= [日付] かつ [日付]<=[パラメーター(最高) ] ならば「真」

[パラメーター(最低)]<= [日付] かつ [日付]<=[パラメーター(最高) ] でなければ「偽」 となります。

つまり、

パラメーターで指定した範囲内に数値が収まっている→真

数値がパラメーターで指定した範囲外にある→偽     となりますね。

あとは、(*)で作成した計算フィールドをフィルターにぶち込み「真」を選択すれば完了です。

↓だいぶスッキリしましたね。UIとしても使いやすいです。

ちなみに、この入力欄ですがオブジェクトの「水平方向」を使用して作っています。

細かいとこですが、UIにも拘るのは大切なことです。

オブジェクトとして利用する

最後はちょっと邪道な使い方です。

パラメーターの「整数」を用いた時、それはあるひとつの定数として扱われます。

例えば、「1」と指定した時、何が起きても1として扱われ変動しません。

↓0(青)と1(グレー)で指定してドラックアンドロップした時

当たり前の結果ですが、これを応用すると少し凝ったチャートを作成することができます。

一つがこんな感じです↓

些細なオブジェクトですが、棒グラフの横にアラートの形状を追加しています。

仕組みは意外とシンプルです。

普通の棒グラフと、-20000で形状を一直線に並べて、二重軸にしています。以下作り方です。

まず、いつも通りチャートを作成します。今回はブレッドグラフにしました。

次に、固定軸用のパラメーターを作成します。

そしてシート内に配置して、マークを形状にし、形状を割り振ります。

最後に二重軸・軸の同期をして微調整をしたら完成です。

デフォルトのままだと形状の位置とチャートが被っていることが多いので、

軸の範囲と固定軸のパラメーター値を微調整しましょう。

 

以上、パラメーターの3つの便利な使い方をご紹介しました。

意外と使う場面が多いです。参考にしていただけたら幸いです。